Irohabook
0
79

ブルーアーカイブの大決戦ペロロジラ、先生レベル48で助っ人なしだとハードが限界

ブルーアーカイブの大決戦ペロロジラは、助っ人なしで挑んだ結果、ハードクリアで終わりました。

「助っ人なしで挑むキミが悪い!」

とほとんどすべての先生に言われそうですが、まったくもってそのとおり。私はブルーアーカイブを始めてまだ2週間で、ペロロジラ最終日までサークルに入るのを忘れてました。フレンドも

「フレンド申請のボタンはどこにあるの?」
 ↓
「ボタンが見つからない…どこ?」
 ↓
「まあ、後にしよう。今はレベル上げで忙しいし」

といつもの思考停止が作動し、フレンド申請を怠っていた。我に帰ったときはペロロジラ終了まで数時間という状況で、しかたないから一人で挑むことに。

ペロロジラが吐いてくる4体の子ペロロジラ(?)がものすごくやっかい。子ペロロジラを叩くと本体ペロロジラにダメージが入るっぽいので、ムツキとかでゴリ押ししようと思っていたけど、この子ペロロジラはなかなか固まってくれない。

子ペロロジラを◯で表すと、

◯◯ ◯◯

みたいな感じでたむろっている。ノノミとかのアタッカーを★で表すと

◯◯★◯◯

という具合で、2/2にわかれた子ペロロジラの間にキャラクターたちが入っていく。入るというか、隙間に向かっていくというか。

そうするとムツキやノノミなどのアタッカーは4体のペロロジラをまとめて攻撃できず、いつも2体だけを狙うようになる。たまに3体入ることもなくはないけど、範囲攻撃の効率がすこぶる悪い。

あと、神秘有利のペロロジラは他よりも難易度が高い。水着ハナコで無双するから覚悟しておけよと思っていたら、私が圧倒的に無双されていた。

いろいろな編成でやって、しかも急いでやったから記憶に違いがあるかもしれませんが、それぞれのペロロジラはこんな感じで挑みました。

神秘
水着ハナコ、チセ、水着コハル

貫通
水着ホシノ、モモイ、ノノミ

爆発
水着ホシノ、アズサ、ムツキ、ヒビキ

SPECIALはヒマリとセリナ。爆発だけヒマリをヒビキにしたりしなかったり。

最初はタンクを入れたけど、モモイやムツキなどのスキルを連発したかったので、ツバキやユウカは入れなかった。ベリーハードは体力うんぬんの前にダメージがなかなか入らないことがネックで、ノノミのスキルをなるべく入れたかった。

でも結局ベリーハードは無理でした。

大決戦や総力戦は敵に合ったキャラクターを配置しないときつい気がする。アタッカーを単純に配置する、というだけでは時間切れになりやすい。ペロロジラだったらペロロジラで対策する必要がありそう。

次の記事

ブルーアーカイブ