通過算の基本的な解き方

2017/10/06

Shinichiro Sakamoto

広告

電車が橋をわたったり、電車と電車が通過したりするような速さの問題を通過算といいます。まずは橋をわたる問題を解いてみましょう。

問題

30m/秒で走る全長270mの電車が840mの橋をわたる。電車が橋にかかってから、橋をわたり終わるまで何秒かかるか?

電車の先頭を考える

電車が橋にさしかかったとき、先頭は橋のはしにいます。

電車の先頭が入っていく瞬間

電車が橋をわたり終わるとき、電車の先頭は橋から270mはなれたところにいます。

電車が橋をわたり終わるとき

先頭は840+270=1110m動いたことになるので

1110 ÷ 30 = 37

37秒かかったことになります。


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/irohakasa/irohabook.com/public_html/wp-content/themes/child/single.php on line 125

広告

広告