一長一短(いっちょういったん)の意味と例文

一長一短とは、人や物事には長所と短所がつきものであるという意味。人や物事に完全や完璧はないということ。

一長一短は長所と短所の「長い」と「短い」という語を重ねることで、長所もあれば短所もあるという意味を持っている。

例えば音楽が得意でも体育が苦手という人も、その逆に体育が得意でも音楽が苦手という人もいる。人は誰しも得意と不得意を持っている。同様に商品やサービスも値段が安い代わりに質が悪かったり、値段が高い代わりに質が良かったりと長所と短所を備えている。

およそすべてのものは不完全であり、いい面と悪い面を持っているということを表す四字熟語である。

英訳

短所 weakness disadvantage shortcoming one's weak points defect

長所 strength advantage one's strong points

例文

  1. 太郎は性格は優しいが、優しすぎて人にだまされるところがあり、優しい性格も一長一短である。
  2. 安かろう悪かろうはサービスの一長一短の側面を表す。

広告