依怙贔屓の読み方、意味、例文

[名]えこひいき

ひいきすること。自分の好きな者だけを特別扱いすること。

例文

彼女は、彼だけが依怙贔屓されていることに納得がいかなかった。

先生はその子だけ特別に依怙贔屓した。

友人だけが依怙贔屓されていることに気づいた彼女は、その日から友人と口をきかなくなった。

由美子は自分のお気に入りの人だけを依怙贔屓することで、部下たちの競争心をうまく煽った。

説明

「依怙」は不公平、「屓」は特別扱いの意味。

同義語

判官びいき

広告