残念無念(ざんねんむねん)の意味と用例

残念無念とは、残念で悔しいこと。思うようにならず心残りがあること。

残念無念は文字通り「残念」+「無念」で、「無念」は成し遂げたかったことができない心苦しさを表す。しかし実際は「残念」の強調として使われることが多い。

残念無念の用例

  1. スマートフォンを買った当日に落として画面を割ってしまった。残念無念としか言いようがない。
  2. 残念無念なことに一番勉強した科目が一番点数が悪かった。
  3. 彼が志半ばで病に倒れたことは残念無念でならない。

残念無念をもじってみよう

同じような言葉を重ねて自分だけの四字熟語を作ってみよう。二文字目と四文字目を同じ漢字にするともじり度が高くなる。

  1. 大麦小麦
  2. 惨敗全敗
  3. 北京南京
  4. 新宿野宿