以心伝心(いしんでんしん)の意味、例文、同義語

[慣]いしんでんしん

言わなくても心が通じていること。文字や言葉によらず相手の感情がわかること。

例文

太郎と次郎は兄弟のように仲がよく、まさに以心伝心の間柄だ。

以心伝心の関係といっても、言葉を交わさないと伝わらないこともある。

以心伝心と思っていたのは自分だけで、私は彼の何も知らなかった。

説明

以心伝心を文字どおりに読むと「心をもって心に伝う」となる。もとは仏教(禅宗)用語で、師匠が弟子に言葉によらないで教えることを表した。

同義語

阿吽(あうん)の呼吸
拈華微笑(ねんげみしょう)

広告