一刀両断(いっとうりょうだん)の意味と例文

[慣]いっとうりょうだん

  1. 物や人を二つに切ること。刀で敵を切り裂くこと。
  2. ためらいなく決めること。迷いなく物事を決めること。潔く決断すること。

説明

迷いなく刀をふりかざして物をすぱっと切るように、迷いなく物事を決断すること。

例文

  • 一刀両断ながら、退職したいと思います。
  • 彼の一刀両断たる決断が、その幼い子の命を救った。
  • 一刀両断の思いで娘を海外に行かせた。
  • 関税撤廃は政府の一刀両断の賜物だった。

類義語

ズバッと、率直、断言、明快

参考

「一」のつく四字熟語

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト