越権行為(えっけんこうい)の意味と例文|国語辞典

[名]えっけんこうい

自分の権限を超えた行為のこと。本来そうする権利を持たない行動をとること。

例文

政府の対応を地方裁判所は越権行為とみなした。

株主は役員の越権行為を厳しく非難した。

役人の越権行為が常態となっている。

彼女は上司の越権行為に我慢ができず、ついに内部告発した。

説明

「越権」は「えっけん」と読むが、まれに「おっけん」と読む場合もある。「越権」自体に、本来の権限を超えて行動するという意味がある。「越権行為」は「越権」を強調した言葉。

広告