天の邪鬼(あまのじゃく)の意味と例文

[名]あまのじゃく

  1. わざと人に逆らうこと。またはその人。
  2. 古来から伝わる鬼の一つ。

他人の言うことなどに意図して逆らうこと。相手の言ったことそのものに反対しているわけでなく、相手に逆らいたいことが目的となっている状態。漢字では「天邪鬼」「天の邪鬼」と書く。

例文

  • 私は天の邪鬼だから右に行けと言われれば左に行く。
  • 彼女はあまのじゃくな人だ。
  • 子どもの時からずっとあまのじゃくである。

類語

ひねくれた、反抗的

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト