破顔一笑(はがんいっしょう)の意味と例文

[慣]はがんいっしょう

顔をほころばせて、軽く笑うこと。

例文

おもちゃをもらうと、その赤ちゃんは破顔一笑した。

祖母の退院を聞いて、家族は破顔一笑した。

説明

「破顔」は顔をにっこりとほころばせること。顔が「ほころぶ」は「綻ぶ」と書く。「一笑」はくすっと軽く笑うこと。「一笑」自体は「一笑に付す」でも使う。

関連

抱腹絶倒

広告