優柔不断(ゆうじゅうふだん)の意味と例文

[慣]ゆうじゅうふだん

うじうじとして、なかなか決断しないこと。

例文

優柔不断な友人のために、彼はいつも辟易していた。

夫婦別居の原因は、夫の子育てに対する優柔不断さにあった。

優柔不断な性格を直さない限り、いつまでも成功できない。

彼女は優柔不断で、同級生たちの誘いを断れずにいる。

その泥棒は優柔不断なあまり逃げ遅れた。

同義語

意志薄弱(いしはくじゃく)

広告