ヘボン式ローマ字と訓令式ローマ字のルールと一覧表

ヘボン式ローマ字は、パスポートなど公的な身分証明書で使われる日本語のローマ字のこと。訓令式ローマ字は、国際標準化機構(ISO)が正式に採用した日本語のローマ字、ISO3602のこと。

ヘボン式と訓令式の違いがわかる早見表

hepiso

ヘボン式ローマ字のルール

  1. 「し」は「SHI」、「ち」は「CHI」、「つ」は「TSU」
  2. 「じ」「ぢ」は「JI」
  3. 「ず」「づ」は「ZU」
  4. 「ゐ」は「WI」、「ゑ(ヱ)」は「WE」
  5. 「WU」は「う」
  6. 「しゃ」は「SYA」ではなく「SHA」
  7. 「ちゃ」は「CYA」ではなく「CHA」
  8. 「ん」は「N」だが、「B」「M」「P」の直前の「ん」は「M」
  9. 小さい「つ」は子音を重ねる
  10. 「おう」を「OU」と書くのは、単語と単語をまたぐとき、または動詞の語尾のときで、それ以外は「Ō」と書く

「おう」が単語と単語をまたぐ単語として「子馬(こうま)」がある。「こ」の母音「お」と「う」がつながっていない。「お」と「う」は「子」と「馬」の一部分である。このとき「おう」を「OU」と書く。

「追う」など動詞の語尾に「おう」があるときも「おう」を「OU」と書く。これらのルールから「東京」は「TOKYŌ」、「曜日」は「YŌBI」と書く。

ヘボン式の「ん」

山手線の新橋駅や大阪のなんば駅は「ん」を「M」としている。

新橋 SHIMBASHI
なんば NAMBA

新橋もなんばも「ん」の後に「B」が続く。ヘボン式では「ん」の後に「B」「M」「P」が続くとき、「N」を「M」で書くことになっている。

参考ページ 山手線の駅名一覧(日本語と英語)とヘボン式|Yamanote Line Station List

ヘボン式で書くと難しい単語

忍たま乱太郎の「しんべヱ」

しんべヱ SHIMBEWE

ヘボン式ローマ字一覧表

iso3602

子音 A I U E O
A I U E O
KA KI KU KE KO
SA SHI SU SE SO
TA CHI TSU TE TO
NA NI NU NE NO
HA HI FU HE HO
MA MI MU ME MO
RA RI RU RE RO
YA I YU E YO
WA WI WE WE WO
N(M) - - - -
GA GI GU GE GO
ZA JI ZU ZE ZO
DA JI ZU DE DO
BA BI BU BE BO
PA PI PU PE PO
きゃ KYA - KYU - KYO
しゃ SHA - SHU - SHO
ちゃ CHA - CHU - CHO
にゃ NYA - NYU - NYO
ひゃ HYA - HYU - HYO
みゃ MYA - MYU - MYO
りゃ RYA - RYU - RYO
ぎゃ GYA - GYU - GYO
じゃ JA - JU - JO
ぢゃ JA - JU - JO
びゃ BYA - BYU - BYO
ぴゃ PYA - PYU - PYO

訓令式ローマ字のルール

  1. 「し」は「SHI」ではなく「SI」
  2. 「ち」「つ」は「TI」「TU」
  3. 「しゃ」「ちゃ」は「SYA」「CYA」
  4. 「じゃ」「ぢゃ」は「ZYA」

訓令式ローマ字一覧表

hepburn

子音 A I U E O
A I U E O
KA KI KU KE KO
SA SI SU SE SO
TA TI TU TE TO
NA NI NU NE NO
HA HI HU HE HO
MA MI MU ME MO
RA RI RU RE RO
YA I YU E YO
WA I U E WO
N - - - -
GA GI GU GE GO
ZA ZI ZU ZE ZO
DA ZI ZU DE DO
BA BI BU BE BO
PA PI PU PE PO
きゃ KYA - KYU - KYO
しゃ SYA - SYU - SYO
ちゃ CYA - CYU - CYO
にゃ NYA - NYU - NYO
ひゃ HYA - HYU - HYO
みゃ MYA - MYU - MYO
りゃ RYA - RYU - RYO
ぎゃ GYA - GYU - GYO
じゃ ZYA - ZYU - ZYO
ぢゃ ZYA - ZYU - ZYO
びゃ BYA - BYU - BYO
ぴゃ PYA - PYU - PYO

広告