千載一遇の意味と使い方

[慣]せんざいいちぐう

千年に一回あるかないかのチャンス。絶好の機会。またとないチャンス。

「せんさいいちぐう」と読みやすいが「せんざいいちぐう」と読む。

例文

  • 千載一遇の機会を利用して出世した。
  • 千載一遇の好機と捉えてメディアに姿を出す。

類語

一世一代(いっせいちだい)
乾坤一擲(けんこんいってき)

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト