「奇特」の現代的な意味と使い方~侮辱と捉える人もいる危険な単語

[名]きとく

  1. 特殊で珍しいこと。
  2. 奇抜で素晴らしいこと。

例文

彼は儲からないことを続ける奇特な人だ。

奇特にも、彼は無実の罪を被った。

説明

「奇特」を「特殊で素晴らしい」と表現する国語辞典は多いが、現代ではしばしば否定的な意味で使われる。つまり相手を奇特であると評価するとき、その人はその相手を表面的に称賛しながらも、本音では侮蔑している。

ただし本当に「素晴らしい」と評価している場合もある。総じて「奇特」は聞き手の印象が分かれる危険な単語である。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト