八方美人の意味と使い方

[慣]はっぽうびじん

周りにいい顔をすること。

例文

内輪で悪口を言う彼女も、会社では八方美人を貫き通す。

そのごますり男は、上司たちとの食事会では絵に描いたような八方美人だ。

説明

「八方」は「周囲」「周りの人」、「美人」は「愛想いい感じ」「親切」を意味する。外面の良さを褒めるときに使うが、もっぱら悪い文脈、皮肉った文脈で使う。

同義語

外交辞令

広告