難癖(難癖をつける)の意味

[名]なんくせ(難癖)

欠点。悪い点。

[慣]なんくせをつける(難癖をつける)

欠点をおおげさに避難すること。

例文

彼はちょっとしたミスにも難癖をつける。

説明

「難癖をつける」という慣用句として使われることが多い。

広告

広告

広告

技術

言語

高校理系

高校文系

中学

小学

エッセイ

姉妹サイト